リースと購入比較

購入の場合、一括あるいは分割にしろ、ある程度の支払い面においての経済的負担があるだけではなく、購入後の保証などバックアップが不十分である場合も少なくはありませんので、メンテナンス面においてとても不安が残ります。

これに対して、リース契約の場合には、原価での分割払いの金額よりもかなりの低価格な相場の支払い額に設定されており、経済的な面においてもとても助かります。
そのうえ、原価分のリース料を全て支払い終わり、所有権が完全に利用者本人へ移行するまでは、メンテナンスやインク補充サービス、使用面においてのフォロー制度やサービスがありますので、そうした面においても購入での場合よりも大変なメリットがあると考えられます。

ただし、一旦リース契約をした以上は、それに基付いてリース料を支払いながらその契約での各種サービスを受けていくという仕様になっていますので、利用者本人がリース契約中に代金を一括支払いをして、リース契約そのものを解消などを容易にさせたりするような事は出来ないようになっていますので、そうした点に気をつける必要があります。
大抵のリース契約によるサービスの内容自体は、利用者自身がとくに損をするような契約ではありませんので、問題とかは無いといえます。