コピー機のリース

そもそもリースというもの自体が、将来的にその対象である目的物を、ある時期に利用者側に買い取ってもらう事を前提として、それまでの間に一定の相場であるリース料を利用者が月毎に支払いながら、所有者が利用者に与えるような契約をいいます。

この点がレンタルと大きく違うところであり、レンタルでは期限が来たら目的物本体を所有者である貸主へ返却をしていくのに対し、リースの場合は、将来的に目的物の原価分の料金の支払いが全てなされた時点で、利用者へその所有権と占有権が移るという点で、大きく異なります。つまり、返却する返却しないかの違いが、リースとレンタルとの大きな違いであるといっても過言ではありません。

さて、このリースの話に戻りますが、では、コピー機においてのリースの場合にはどのような取引きの流れになるのか、ここで見ていきたいと思います。コピー機でのリースの場合は、一般的にまずは所有者側である事業者から現物であるコピー機が申し込みをした利用者に送られ、その時点からリース契約の効力が法的にも生じるようになっています。

そして、事業者によっては、同時にコピー機のトナー代などを含んだ料金設定をしているところや、トナー代とは別にリース料を計算しているところ等々、様々な契約サービス形態のところがあったりしますので、それらのどのような形態のサービスが自分の利用して行く面においてのメリットがあるのかについて、事前によく検討を重ねていく事がとても大切です。

参照資料:http://www.oaland.jp/commerce/
トナー代込みでレンタルできるコピー機の専門サイトです。