Latest Posts

リースと購入比較

購入の場合、一括あるいは分割にしろ、ある程度の支払い面においての経済的負担があるだけではなく、購入後の保証などバックアップが不十分である場合も少なくはありませんので、メンテナンス面においてとても不安が残ります。

これに対して、リース契約の場合には、原価での分割払いの金額よりもかなりの低価格な相場の支払い額に設定されており、経済的な面においてもとても助かります。
そのうえ、原価分のリース料を全て支払い終わり、所有権が完全に利用者本人へ移行するまでは、メンテナンスやインク補充サービス、使用面においてのフォロー制度やサービスがありますので、そうした面においても購入での場合よりも大変なメリットがあると考えられます。

ただし、一旦リース契約をした以上は、それに基付いてリース料を支払いながらその契約での各種サービスを受けていくという仕様になっていますので、利用者本人がリース契約中に代金を一括支払いをして、リース契約そのものを解消などを容易にさせたりするような事は出来ないようになっていますので、そうした点に気をつける必要があります。
大抵のリース契約によるサービスの内容自体は、利用者自身がとくに損をするような契約ではありませんので、問題とかは無いといえます。

リースのメリット

代金を支払い切るまで、利用者本人の手元へ目的物であるコピー機を置いておけますので、その時点で占有権が法律上あります。そして、所有者である事業者へ余程な理由や事情などが無い限り返却をする必要がありませんので、そうした点で強みがあります。

また、両当事者以外の者の貸し出しや買取りを利用者へ申し出た場合には、事業者側による承諾が無ければこれを行えないように法律上なっていますので、そうした点でも強みがあるためとても安心です。

良い例を挙げるならば、利用者本人が何らかの事情で破産手続き申し立てを行い、その決定がなされた際に精算時において債権者がそのリース契約で置いていたコピー機などを生産対象物として主張をしたりしてきた場合には、利用者としてはそのコピー機がリース契約で置いている旨を告げて、契約相手である事業者側による承諾が無ければそれを渡すことが出来ない旨を主張をして引き渡しを断る事が出来るというケースです。

このように、幾ら公的な破産決定などがなされた後でも、所有権が事業者側にあり、あくまで利用者本人には占有権しかない旨を伝えて第三者からの引き渡し要請などを断る事ができますので、権利保護の面では大変助かる面があります。

リースのデメリット

レンタルとは異なり、基本的にリース契約中には返却が出来ないという決まりになっています。契約内容においてはクーリングオフの適用対象にはなっていないリース契約のサービスなども考えられますので、要注意です。

たとえ解約などが出来る場合だとしても、今までの支払い不足分のリース料だけではなく、解約手数料や場合によってはインク代などを含めた解約損害発生料金などが新たに発生をし、大変高額な支払いを事業者から迫られたりするような事態になってしまう最悪な場合なども十分に有り得ますので、気をつけなければなりません。

また、事業者による原因以外での何らかの保証対象外の事情などで、コピー機が損壊をした場合などには、事業者側にその分の損害料金を支払わなければならない事態などにもなったりすることなどもあったりしますので、中々気が抜けない事が多いといえます。

このように様々なデメリットが考えられる反面、それでもレンタルの場合などとは異なり、保障の範囲なども割と広く設けられ、自然災害などによるコピー機本体の損壊などが起きた際には、契約時に加入をした損害保険での補償を受けられたり出来るという面もありますので、その点がありがたいといえます。

コピー機のリース

そもそもリースというもの自体が、将来的にその対象である目的物を、ある時期に利用者側に買い取ってもらう事を前提として、それまでの間に一定の相場であるリース料を利用者が月毎に支払いながら、所有者が利用者に与えるような契約をいいます。

この点がレンタルと大きく違うところであり、レンタルでは期限が来たら目的物本体を所有者である貸主へ返却をしていくのに対し、リースの場合は、将来的に目的物の原価分の料金の支払いが全てなされた時点で、利用者へその所有権と占有権が移るという点で、大きく異なります。つまり、返却する返却しないかの違いが、リースとレンタルとの大きな違いであるといっても過言ではありません。

さて、このリースの話に戻りますが、では、コピー機においてのリースの場合にはどのような取引きの流れになるのか、ここで見ていきたいと思います。コピー機でのリースの場合は、一般的にまずは所有者側である事業者から現物であるコピー機が申し込みをした利用者に送られ、その時点からリース契約の効力が法的にも生じるようになっています。

そして、事業者によっては、同時にコピー機のトナー代などを含んだ料金設定をしているところや、トナー代とは別にリース料を計算しているところ等々、様々な契約サービス形態のところがあったりしますので、それらのどのような形態のサービスが自分の利用して行く面においてのメリットがあるのかについて、事前によく検討を重ねていく事がとても大切です。

参照資料:http://www.oaland.jp/commerce/
トナー代込みでレンタルできるコピー機の専門サイトです。